Q、これまでの自然災害救援の実績を教えてください。
A、
【日本】
 2011年〜2013年(東日本大震災)
  宮城県東松島市・石巻市
 2019年〜現在(台風19号災害)
  長野県長野市・千曲市
【フィリピン共和国】
 2000年〜2001年(ごみ山崩落)
  マニラ首都圏ケソン市
 2006年〜2007年(土砂崩れ)
  レイテ島南レイテ州
 2009年〜2010年(台風災害)
  マニラ首都圏ケソン市
 2011年〜現在(台風災害)
  ミンダナオ島ミサミスオリエンタル州
  カガヤンデオロ市周辺
 2012年〜現在(台風災害)
  ミンダナオ島東ダバオ州バガンガ町、他
 2013年〜2015年(台風災害)
  レイテ島タクロバン市、ドゥラグ町、他
 2014年〜2015年(台風災害)
  サマール島ドロレス町
 2020年1月〜現在(火山噴火災害)
  ルソン島南部

Q、寄附の用途を教えてください。

A、災害の種類や活動地によって大きく異なりますが、例えば、日本での災害対応では、多くの資機材に加え、専門家の人件費、拠点借り上げ費、フィリピンでの災害対応では、緊急期には、食糧や生活必需品、復興期には、学用品や家建設の資機材、学校建築等があります。

Q、活動や会計報告は、どのようになりますか?

A、活動の報告は、フェイスブックにて、日々行っています。また、別途、会報や年次報告書にて、まとめて報告をさせていだだきます。会計についても、法人設立以来の会計報告と同様に、総会終了後、全てホームページにて公開いたします。本災害への指定寄付は、他の資金とは分けて管理され、他の事業と同様に、公認会計士による外部監査の対象となります。

参考:アイキャンのフェイスブックのページ
参考:

2019年度事業計画書 2019年度予算書
2018年度事業報告書 2018年度活動計算書

Q、「認定NPO法人」とは何ですか?

A、特定非営利活動法人(いわゆるNPO法人)の中で、国税庁の基準を満たし、特別に国税庁から認定を受けている団体を指します。通常のNPO法人への寄付に税制優遇がありませんが、「認定NPO法人」への寄付は、個人・法人ともに、税制優遇の対象となります。詳しくは、個別に税務署にお問い合わせください。(領収書を必ず保管してください。)
(例) 個人が年間50,000円を寄付した場合:
 50,000円から2,000円を引いた48,000円の40%である19,200円分の税金が控除



現在、出動している災害は、以下の通りです。
・2020年1月にフィリピンで発生したタール火山噴火(フィリピン:ルソン島南部)
・2019年10月に日本で発生した台風19号(日本:長野県)

ご寄付は、2種類あります。以下から1つをお選びください。
■フィリピン:タール火山噴火災害(ルソン島南部)■
2020年1月、フィリピンルソン島南部のタール火山が噴火し、7万人以上が避難を余儀なくされています。アイキャンは災害発生直後より被災地域に入り、これまで25年間のフィリピンでの活動経験を活かして、緊急救援活動を展開しています。(詳しくは、フェイスブックをご覧ください。)

活動1:避難所での食糧・生活必需品の提供【実施中】


■日本:台風19号災害(長野市)■
2019年10月、日本各地を台風19が襲い、甚大な被害を齎しました。アイキャンは災害発生直後より長野市の被災地域に入り、これまで25年間の海外被災地での経験と長野県各市町村との関係を活かして、災害ボランティアのコーディネートや被災写真の洗浄等の活動を実施しています。(詳しくは、フェイスブックをご覧ください。)

活動1:千曲市内保育園の復旧
活動2:長野市松代東寺尾におけるボランティア・物資コーディネート、等
活動3:長野市穂保における災害ボランティアセンターでのボランティアコーディネート(エリアマネージャー)【実施中】
活動4:写真洗浄プロジェクト【実施中】 「長野写真洗浄プロジェクト」特設サイト
活動5:地域の市民活動強化(NPO設立・資金調達相談等)
【実施中】


■過去の災害の緊急救援・復興の活動
例)2013年〜2015年ヨランダ台風
実績:食糧セット約6万人分、仮設住宅の建設20,000人分、学用品約4,000人分、仮設校舎25教室、コンクリート校舎120教室、農業再興15村、他


 

皆さまのご寄付を、皆様の想いとともに、確実に現地に届けます。アイキャンは国税庁認定の認定NPO法人の為、日本の個人法人からのご寄付には、税制優遇があります。

ご寄付には、2種類あります。以下から1つをお選びください。

アイキャンは報告を大切にしています。
災害発生直後から日々報告しているフェイスブックページ
(「いいね」を押してください。)


銀行振込に関しましては、フォーム投稿後、以下の入金口座へご入金をお願いいたします。

三菱UFJ銀行
名古屋駅前支店(221) 普通 2361021 特定非営利活動法人アイキャン

ゆうちょ銀行 00850-6-78233
特定非営利活動法人アイキャン
楽天銀行
 支店番号:210 口座番号:7001258 特定非営利活動法人アイキャン
JAPANNET BANK 
 店番号001  口座番号 4005809 特定非営利活動法人アイキャン

 アイキャンへの現金のご寄附には、税制優遇があります。
「認定NPO法人」とは?
 特定非営利活動法人(いわゆるNPO法人)の中で、国税庁の基準を満たし、特別に国税庁から認定を受けている団体を指します。通常のNPO法人への寄付に税制優遇がありませんが、「認定NPO法人」への寄付は、個人・法人ともに、税制優遇の対象となります。

【個人の場合】
税制控除の額:その年の認定NPO法人等への寄付合計額(※)-2,000円x40%
※所得税額の40%が上限
【法人の場合】
特別損金算入限度額の適用について?法人が認定NPO法人等に寄附をすると、一般のNPO法人に寄附した場合の一般損金算入限度額とは別に、別枠の特別損金算入限度額が設けてられており、その範囲内であれば損金の額に算入することが認められます。
1. 認定NPO法人に対する寄附金に係る損金算入限度額
資本がある法人(期末資本金の額×0.375%+所得金額※×6.25%)×1/2
2. 一般の寄附金に係る損金算入限度額
資本がある法人(期末資本金の額×0.25%+所得金額※×2.5%)×1/4
※所得金額=所得金額(当期純利益に税務調整をした額)+寄附金の支出額

詳しくは、内閣府のサイト「認定NPOへの寄付について」をご確認ください。

遺産(遺贈)や相続によるアイキャンへのご寄付は、申告期限内であれば課税対象外となります。詳しくは税務署にお問い合わせください。



投稿後、担当者から折り返しご連絡をさせていただきます。1週間経っても連絡が来ない場合は、お手数ですが、事務局にご連絡をお願いします。ニーズの変化等で最終的に活動の費用よりもご寄付が上回った場合は、今後の災害の対応に使用させていただきます。


プラバシーポリシー(PDF)
Copyright (c) ICAN All rights reserved.